歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

歯医者でインビザラインするなら目立たない歯列矯正が可能

目次
マウスピース

歯列の矯正方法としては、ブラケットと呼ばれる装置を用いるのがこれまで一般的でした。
この治療法は装置の力で少しずつ歯を動かし歯列を整えていきます。
しかし現在では従来のブラケットでの矯正方法に加え、マウスピースを用いた方法も登場しています。

インビザラインと言われるこの治療法の特徴は、個々の歯型を取った専用のマウスピースを用いて歯列を整えることです。
歯を徐々に動かしていくのはブラケットの場合と同じではあるものの、マウスピースを使うことで様々なメリットを生み出すことができます。

中でも特徴的なメリットと言えるのが、目立ちが抑えられていることです。
ブラケットで矯正を行う際の弱点と言えば、装置が目立ちやすく審美性に悪影響になってしまうことでした。
昨今では目立ちにくいワイヤーを使ったり歯の裏側にだけ装置を付けたりする方法も登場していますが、それでもブラケットを使っている以上、口元が印象づくのは避けられません。
その点、インビザラインは透明のマウスピースを用いた矯正治療のため、従来の矯正でネックだった審美的な面をクリアすることができます。
それまで見た目の問題で矯正を断念していた人でも、治療のハードルが下がり歯列をキレイにすることができるのです。

対応する歯列についてですが、症状次第ではインビザラインが難しくなることもあります。
細部の調整が苦手な治療でもあるため、がたつきが激しい場合ですと対象外となる可能性も否定できません。
しかしスキルの高い歯科医院ですとインビザラインでも治療ができると判断されるか、あるいは別の治療法と併せて行うことで問題をクリアできるケースもあります。
単にマウスピースを作るだけの治療ではなく、スキルによって治療効果も左右されるため、実績があり様々な症例に対応できる歯科医院に相談することが大切です。

気にされがちな費用についてですが、ブラケット治療と比較しても特別高くなるといったことはありません。
歯列矯正は状態次第でまるで費用は違ってきますので、ブラケット治療よりも安くなることもあれば高くなることもあります。
いずれかの方が安いということはないため、金額だけで選ぶことは難しいです。
その点を踏まえて、治療の選択は金額で判断するのではなく、治療におけるメリットやデメリットをしっかりと理解して判断することが大切と言えます。
口元をキレイに整えることが第一の目的ですので自身にとってベストな方法で治療を行いましょう。

これまでのブラケット矯正との比較

OKサインをする女性

歯列矯正にインビザラインを選ぶことの具体的なメリットですが、第一は目立たないことです。
透明且つ薄型のマウスピースは装着していても見た目で分かりにくいです。
目立たないとはいえ、時には気になることもあるかもしれませんが、そうした場合は取り外し可能ですので安心と言えます。
装着者自らが付けたり外したりすることができるため、その時のシチュエーションに合わせて対応していけます。

取り外したマウスピースは洗うことが可能です。
付けっぱなしにより汚れてしまうことがなく衛生的です。
定期的に作り直しもしなければいけないため、汚れてきた場合でも一定期間でまたキレイにすることができます。
また、洗えることで口内を衛生的に保つことができ、口臭の発生や虫歯のリスクを軽減できるのも魅力的です。
ブラケット矯正ですと装置の隙間に歯垢が溜まるなどして衛生面で難が見られることもある一方、インビザラインはその都度洗えますので口内の健康を保ちやすくなります。

食事風景 食事の際の邪魔にならないのも特徴です。
邪魔になりそうな時は外せる上、口の中に違和感がなくなるため食事にも集中しやすいです。
ただ、用事が済んだらできるだけ装着するように心掛けなければいけません。
一定時間以上は付けておかないと肝心の矯正効果が弱くなってしまうからです。
したがって不必要に外さないことも大切で、できるだけ付けるようにするのが短期間で矯正を終えるためのコツと言えます。

発声の際の邪魔になりにくいため、日常会話での不便を感じづらいのもインビザラインならではの良さです。
ブラケットのような存在感の強い装置ですと、発声の際にも支障が出てしまいます。
会話をする時にも不便を感じやすいため、人と話しをしなければいけない仕事などの場合ですと煩わしいです。
薄型のマウスピースですと自然に発声ができ支障になりません。
長時間の装着でも負担が少なく矯正も続けやすいと言えます。

インビザラインは審美性や機能性に優れた治療法として支持されていますが、ただ慣れない内は痛みを感じてしまう可能性があります。
矯正を行う以上、歯を動かしていかなければいけませんので、締め付けや歯の動きによって痛みが生まれることが考えられます。
しかしながらインビザラインは少しずつ歯を動かしていく治療法のため、ブラケットと比べると比較的痛みは小さいとされているのです。
そのため痛みが気になる人でも選択しやすい治療法と言えます。