歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

クリアアライナーってなに?詳しく学べばためになる

手でマウスピースを持っている

クリアアライナーは韓国の医師が開発した矯正治療の方法で、日本で矯正歯科に行くと利用出来る所が見つかります。
クリアアライナーの特徴は、透明なマウスピース型の装置を使って歯並びを治すことです。
これにより、審美性の高い矯正治療が出来るようになっており、金属製のワイヤーなどを使う従来の矯正治療とは違って、治療期間中に口元を人に見られても気にならないというメリットがあります。

クリアアライナーと共通点が多い矯正治療法にはインビザラインがありますが、インビザラインも透明なマウスピースの形をした矯正装置を使って歯を動かす治療法です。
クリアアライナーとインビザラインの共通点は保険適用外の治療になるという点もあります。
上下の歯並びを治す場合は平均的に80万円ほどかかるとしているクリニックが多いことからもわかるように、それなりの費用がかかる治療法となります。
なお、費用は患者さんの歯の状態やそれぞれのクリニックのシステムによって変わってくるため、なるべく安く利用したいなら複数の矯正歯科で見積もりを頼むのが良いでしょう。

一方、クリアアライナーとインビザラインの違いについては、同じようにマウスピース型をしていても形状に若干違いがあります。
クリアアライナーは歯茎の範囲までを覆うのに対し、インビザラインは歯茎は覆わないという違いも見られます。
その他にクリアアライナーとインビザラインの大きな違いとしては、インビザラインが初めの1回だけ歯型を取れば良いのに対してクリアアライナーでは毎回歯型を取る必要があるという点が挙げられます。

クリアアライナーは通院するごとに新しく歯型を取り、それを元に新しいマウスピースを作って歯を動かしていく方法です。
そのため、歯型を取るのがわずらわしいと思う人には毎回歯型を取らなければならないことがデメリットとなるでしょう。
しかし、毎回歯型を取ってマウスピースを作ることにより、歯の形が途中で変わってしまっても対応出来るというメリットもあります。
例えば、矯正治療の期間中に虫歯治療をして歯を削ったとしても、クリアアライナーなら問題無く矯正を続けられます。

それ以外にこの2つの治療法を比べると、クリアアライナーは材質にハードとソフトがあるのに対してインビザラインは1種類であるという点も違いです。
クリアアライナーは国内に工場があるため、マウスピースの製作が早いという特徴があり一般的にインビザラインよりも初回の治療を早く始められるというメリットもあります。
この2つの治療法のどちらを利用するのが良いかは患者さんの歯並びによって変わりますが、メリットとデメリットを知った上で医師と相談してどちらを選ぶかを決めると良いでしょう。