歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

審美歯科で歯のクリーニングが可能です

手鏡で歯を見る男性

白い歯にあこがれを持つ方はとても多いです。
笑った時に見える歯が白いと、清潔感もありますし第一印象にも違いが有ります。
日常的な歯磨きなどのセルフケアをしていても、完全には取りきれないプラークと言われる歯の汚れは蓄積されてしまいます。

また喫煙しているとヤニがついて、歯磨きをしてもとれなくなってしまいます。
喫煙だけではなくコーヒーや紅茶、カレーなど色素が濃いものを飲んだり食べたりしてもステインという汚れがつきます。
これらの汚れは、市販されている歯磨き粉を使ってもなかなか落とす事が出来ません。
歯科クリニックで虫歯予防のために行う定期的なスケーリングでのクリーニングは、超音波の力を使って歯石などの汚れを落とすという事は出来ます。
しかし蓄積されたステインまでは綺麗に落としきれないことがあります。

そこで審美歯科で行う方法でしたらもっと違ったアプローチができます。
歯を白くしたいという場合には専門のクリーニングもするのでお勧めです。
審美歯科では、薬液を歯に塗布してレーザーなどを使って白くする施術が受けられます。
コーヒーや喫煙によるタバコのヤニで黄ばんだ歯もきれいになります。

虫歯予防のためのクリーニングは、通常の歯医者でも受けることができますし、こちらに関しては保険適用が可能です。
審美歯科で行う歯を白くする場合のクリーニング費用は保険適用外となりますので、各審美歯科クリニックによって設定されている料金にも少しばらつきが出てくることがあります。
事前にサイトなどで確認をしたり、実際に診察を受ける際に説明を受けるようにしましょう。
費用が安ければよいというわけではありませんが、相場を調べて比較して相場の範囲であるかどうか、また口コミ評判なども参考にしてクリニック選びをしていくと良いです。

審美歯科での歯を白くするためのクリーニングを受けた場合、すぐにコーヒーや紅茶、またカレーなどを食べると色が付いてしまいます。
またこういったクリーニングの施術を受けることで、色が付きやすいものを食べたり飲んだりしたときには、すぐにうがいをしたり歯磨きをするという事も重要なポイントです。

自宅で行うためのマウスピースを作成してもらうことも出来ますし、白い歯を目指したいという場合には審美歯科でまずは相談してみる事をお勧めします。
やり方も色々ありますので、ニーズに合った方法を選択していきましょう。