歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

知ってしまうと怖い、歯周病の現実

歯周病には歯肉に炎症がおこる軽度のもので歯肉炎、歯を支えている骨が破壊されてしまう歯周炎があります。
歯肉炎は歯ぐきからの出血に始まり、歯肉が赤く腫れあがっていきます。
大きな原因としては、歯の清掃が不十分な為にプラークというねばねばとした柔らかい細菌の塊が付着した状態が続き、菌によって炎症が引き起こされるからです。
このプラークは正しい歯磨きをすることによって取り除くことができます。
歯ぐきからの出血がみられたら、早めに歯科医院へ行き専門的な口の中の清掃と正しい歯磨きの仕方を習い、歯周病の改善をするとよいでしょう。

歯肉炎をそのままにしておくと悪化して、歯周炎になります。
プラークは最初は柔らかいですが、バイオフィルムという膜を形成し口をゆすぐ程度では除去できません。
段々と石のように固くなり、歯石として歯の根元の方に付着していきます。
細菌の中には空気を嫌う菌がいて歯ぐきの中に潜もうとし歯と歯茎の間に歯石を作ってしまい、歯周ポケットという隙間を生み出し中で細菌はどんどん増殖します。
ポケット内でも炎症を引き起こし、歯を支えている骨を破壊し始め最後は歯が抜けてしまうのです。
このように重症の歯周病になってしまうと、口の中だけでなく全身の病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

口の中は体の中でも多くの細菌や微生物が存在します。
近年の研究によって、呼吸器系疾患、心臓疾患、糖尿病、妊娠、などの全身疾患と歯周病との関連性が指摘され始めています。
歯周病になり細菌の数が多くなると、菌が歯肉の中の血管から血液や呼吸器に入り込み、肺炎、心筋梗塞など心臓疾患、動脈硬化症など血管の病気、妊婦だと早産を引き起こしやすくなってしまうのです。
その逆に、ほかの病気が原因で歯周病になる場合もあります。
遺伝性疾患、白血病などの血液の病気、皮膚の病気、糖尿病、ホルモンの影響、喫煙などです。
その中でも特に糖尿病との関係に注意が必要です。

糖尿病と歯周病はお互いに悪い影響を及ぼします。
糖尿病の方は歯周病が悪化しやすく、歯周病があると糖尿病の血糖コントロールが難しくなり重症化してしまう恐れがあるのです。
歯周炎により歯ぐきから出血や膿が出ている状態が続くと、それを飲み込んで感染症を引き起こすリスクがあります。
また、血糖値を下げるインスリンの効果を効きにくくしてしまいます。
そのため糖尿病の重症化に繋がり、最悪は死に至ることもあります。
それとは逆に、歯周病の治療をすることにより血糖コントロールが改善されるという研究成果も多く報告されています。
歯周病によって歯を失わないようにするだけでなく、全身疾患への影響も含めて定期的な歯科医院でのケアを行っていく事が大切です。