歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

2018年2月 のアーカイブ

  • インプラントで考え得る注意点やデメリット

    2018年02月05日 歯医者の受付

    インプラントは18歳以上の方なら基本的にいくつであっても受けることができる手術ですが、過去に何らかの病を発症している場合は制限がかかってしまうこともあります。 また、過去の病を医師に伝えずに通常通りのインプラントを行ってしまうと後に大きな問題が生じてしまうことも起こりうるので、治療を受ける際にはこれまでの病歴について

    記事の続きを読む