歯列矯正は矯正器具を使うので、口を開いたときに矯正器具が目立ってしまうのが欠点です。しかし、歯列矯正も技術が進んでおり、インビザラインなどの目立たない歯列矯正ができるようになっています。これにより歯列矯正によって審美性が失われることなく治療することができます。ぜひ詳細を見て検討してみてください。

インプラント関連

  • インプラントで考え得る注意点やデメリット

    歯医者の受付

    インプラントは18歳以上の方なら基本的にいくつであっても受けることができる手術ですが、過去に何らかの病を発症している場合は制限がかかってしまうこともあります。 また、過去の病を医師に伝えずに通常通りのインプラントを行ってしまうと後に大きな問題が生じてしまうことも起こりうるので、治療を受ける際にはこれまでの病歴について

    記事の続きを読む

  • 入れ歯より気にならないインプラント治療

    インプラント

    自然に生えている歯には噛む力を顎の骨に伝達する、顎の骨を維持するなどの重要な働きがあります。 入れ歯を装着している人も多いかと思われますが、入れ歯は歯茎の上側にブリッジを行って取り付けているもので、骨への力の伝達はありません。 顎の骨は歯が生えていること事で維持する、歯を失うと役割を終えるので骨は少しずつ体内に取り

    記事の続きを読む